お薦めスポット

川中島の戦いの地に開設した公園。

八幡原史跡公園(川中島古戦場)

風林火山で有名な武田信玄が本陣を置いたとされる場所。
上杉謙信との戦いで有名な川中島古戦場に開設した公園。

5度にわたって繰り広げられた信玄と謙信の川中島の戦いの中で、
永禄4年(1561)の第4次の戦いの舞台になったのが八幡原。
ここでの戦いが最も激しく、副将・武田典厩信繁、山本勘助ら勇将が戦死しました。
史跡公園の松林の中には古くからの八幡社が静かにたたずみ、
境内には信玄・謙信両雄一騎討ちの像や三太刀七太刀之跡の碑、首塚などがあります。

 

マークの付いた写真はクリックすると拡大してご覧いただけます。

信玄・謙信両雄一騎討ちの像

永禄4年の第4回川中島合戦で、妻女山を下り雨宮の渡しを秘かに越えた上杉勢の中から単騎乗り込んで来て武田信玄に切りつけた武者について、後に武田陣営で上杉謙信ではなかったかと噂になり、ついには両将一騎打ちの伝説を生みました。
この逸話を基に、武田軍の本陣に攻め入った謙信の太刀を信玄が軍配で受け止めた状況を想像し作製されたブロンズ像は、川中島古戦場のシンボル的存在です。

その他のアングルで撮影した写真をご覧頂けます。

組織ご紹介

  • 東条地区ご紹介
  • 東条地区の歴史遺産
  • 松代の史跡
  • お薦めスポット
  • TOP
  • 活動ご紹介
  • 営業品目
  • 周辺ご案内
  • 東条地区の四季
  • 組織ご紹介
  • お問い合せ