東条地区の歴史遺産

尼巌山腹は遺跡の宝庫。信濃古代史の謎を旅する。

菅間大塚古墳

田園風景を見渡す県下最大の積石塚円墳

東条は数多くの古墳や延喜式内社が残る歴史の山里。
東部の尼巌山腹から山麓にかけて数多くの古墳が点在します。
菅間王塚古墳は菅間集落の東方約100m、民家の裏手。扇状地の上端にあります。
眼下に池田宮や松代市街地や豊かな田園風景を見渡す県下最大の積石塚円墳。
墳丘の直径は34m、高さ6.7m。墳丘全体に径30cm前後の石塊を積み上げ、
底部に屋根形天井の合掌形石室、その内部四壁には朱が塗り込められています。
墳丘の上に長さ4mの割石積み竪穴式石室がありますが、これは追葬によるもの。県指定の史跡。
積石塚古墳の起源には諸説があり、百済北部から高句麗南部の石室との共通項が多く、
渡来系民族の伝統的墓制とする説が有力ですが疑問説もあります。
信濃古代史を謎解きしながらの里山散策はいかがですか。

  • マークの付いた写真はクリックすると拡大してご覧いただけます。


  • 整備、清掃活動を行っています。

組織ご紹介

  • 東条地区ご紹介
  • 東条地区の歴史遺産
  • 松代の史跡
  • お薦めスポット
  • TOP
  • 活動ご紹介
  • 営業品目
  • 周辺ご案内
  • 東条地区の四季
  • 組織ご紹介
  • お問い合せ