東条地区の歴史遺産

松代藩文化の奥座敷。山村に花開いた精神(こころ)の遺産。

中村柊花歌碑(休み石)

土の歌人中村柊花。

柊花の歌碑は、中川地区にある生家下の路傍および真田公園に建てられています。
「土の歌人」といわれた柊花は明治二十一年東条に生まれ、若くして短歌の道を志しました。
若山牧水との交流を通じて短歌創作活動を続け、太田水穂「同人」に参加、「第1回牧水賞」を受賞。
主として農民生活の哀歓を詠みました。
その自然観照、人間愛の切実さ等には牧水の影響が見られます。
歌集に「清春」(昭和二十二年)、「山彦」(昭和三十一年)、「旅の歌」(昭和40年)などがあります。


  • マークの付いた写真はクリックすると拡大してご覧いただけます。


中村 柊花 なかむらしゅうか 歌人

明治二十二年(1889)東条岩沢生まれ。若山牧水に師事。
農業に専心、牧水主宰の「創作」主要同人として作歌。牧水没後、「創作」選者、信濃毎日新聞選者などで活躍しました。
農民生活の哀歌、自然観照の深さなどを詠み、昭和四十五年(1970)没。歌集に「土よりの声」「旅の歌」他があります。

組織ご紹介

  • 東条地区ご紹介
  • 東条地区の歴史遺産
  • 松代の史跡
  • お薦めスポット
  • TOP
  • 活動ご紹介
  • 営業品目
  • 周辺ご案内
  • 東条地区の四季
  • 組織ご紹介
  • お問い合せ