東条地区の歴史遺産

東条の山の恵みをいただきます。

山菜の収穫

山に囲まれた東条は、山菜の宝庫。

山菜は、野菜(栽培ができて大量に流通し、味にも比較的癖がない)に比べて採れる量も少なく、
味もアクが強かったり癖のあるものが多いようです。
しかし、それが反って野趣に富み人々に喜ばれているのでしょうか。
また栽培種がさほど季節を問わないのに対して、野生植物にははっきりした季節の変化があり、
山野の美味しい空気を吸いながら、山菜採りに歩き回るのも季節の楽しみの一つですね。
東条地域で主に採取されている山菜は、タラノメやワラビ・ゼンマイ・フキなどが一般的です。

節度を持った山菜採りマナーを。

山菜採りではたくさん採らず、自分の食べられる分だけを「山の恵み」としていただきましょう。
鉈で切りたおしたり、根こそぎ持っていくのはマナー違反です。
例えばタラの芽の木を早い内から切り取って持って帰り、自宅で水耕栽培をしたり、
三番芽を取るのは木のために良くありません。
また、山菜の中には花がきれいで鑑賞向きだったり、量が少なくなってきたものもあります。
大切な山の資源を持続的に維持するため、マナーを守って山菜取りを楽しみましょう。
なお、共有林や個人所有地での採取は禁止されています。

東条の代表的な山菜をご紹介します。(写真は全てイメージです。)

ふきのとう

キク科の多年草。フキの花を、フキノトウと呼んでいます。春早く土から芽を出したものを採ってきて、フキミソやテンプラにして食べます。
独特のほろ苦さ、風味がなんとも言えないですね。
ゆでて三杯酢で食べても美味しいです。
大きく伸びてしまった花は包の部分をテンプラにすると結構美味しく食べられます。

たけのこ

イネ科ササ属の大型のササ。採りたては灰汁が少ないので、そのまま焼いたり、テンプラにしたり、煮物にして食べられます。
時間が経ったものは灰汁が出るので灰汁抜きが必要になるので早めに食べましょう。

ワラビ

しだ植物、ウラボシ科の多年生草本。全国どこでも生えています。
若芽を食べるほか根茎を砕いてデンプンを採り蕨餅などを作ります。おひたしで食べるのが一般的ですが、煮付けたものもおいしいですね。塩漬けにすれば保存が可能です。

タラノメ

ウコギ科の落葉低木。誰もが知っている山菜の王様ですね。
最近は栽培種も出回っていますが、野生のものは格別です。
テンプラ、油いため、おひたしやゴマ和えが美味しいです。あくが強いのが好きな人はホイル焼きやレンジで温めたほうが味が濃くて一味違ってきます。

クサソテツ(コゴミ)

しだ植物、ウラボシ科の多年生草本。日本各地の山野に広く分布します。
葉には栄養葉と胞子葉の2つがあります。春は栄養葉がでます。巻いている若葉をおひたしやごまあえなどにして食べます。アクも無くシャキシャキ感が美味。

フキ

葉茎の部分をキャラブキ(フキ1kgを水煮した後に、醤油150cc、味醂100ccで煮ます)や筋をとって青煮などにしますが、新芽の開きたての頃はそのままキンピラ風にして食べても美味しいです。

アケビ

アケビ科の多年生のつる性植物。新芽を摘んでおひたしにします。塩水で茹でて、適当な大きさに刻んでうずらの卵を落としてワサビ醤油で食べるとほろ苦い味がなんとも言えませんね。
果実は口が開いた頃に中の果肉を生食します。甘くて美味しいのですが種が少し邪魔になります。外の皮は薄切りにしてナスやシイタケと油いためにしたり、シイタケやひき肉を炒めた具を詰めてテンプラやフライにしたりするのも変わった味で趣があります。

キノコ

秋の味覚として知られている代表的なキノコは、言わずと知れた高級キノコ「マツタケ」があげられますが、東条地域には残念ですが自生していません。東条地域でも秋は実りの季節であり、最も多くのキノコが発生する季節です。
秋はキノコ狩りなども最も盛んに行われる季節で、食用キノコを目当てとした人達も多く山に訪れられていますが、食用キノコの発生と比例して、毒キノコも多くの種類が秋に発生する為、食べる目的でのキノコ狩りの際などは十分な注意が必要です。
また、共有林や個人所有地での採取は禁止されています。

生産品ご案内

  • TOP
  • 活動ご紹介
  • 営業品目
  • 周辺ご案内
  • 東条地区の四季
  • 組織ご紹介
  • お問い合せ