営業品目

果樹オーナー募集

東条の畑を守り、そして続けるために。

東条地域では耕作放棄地の拡大が止まりません。
私たちは担い手のいない耕作放棄地などを受け継ぎ、すでに放棄されている農地を積極的に再生しています。
農地は、2年放置すると雑草に侵食されて死んでしまいます。
一度死んでしまった農地を再生させるには雑草を刈り、土を作り、苗を植えても品質の良い野菜がとれ始めるのに3年。
一口に再生と言っても、それだけの年月がかかります。
そして耕作放棄地は年々増えるイノシシやシカなどの害獣の格好の棲み家。
メンバーたちが狩猟免許をとることによって地域住民の安全を守り、畑を被害から守ります。
清水湧く豊かな緑の山里−松代東条地区。誰もが心癒されるこの景色を守るため、私たちは今日も畑に出かけていきます。

東条の杏栽培技術はまさに地域文化と誇れるもの。
日々自然と対話しながら、果実ひとつひとつに日光が当たる量、風の通りを緻密に計算して剪定・摘果し、糖度を上げるために土を作ります。
生産農家が減り続けている里山の現状。その文化を継承できるタイミングは今しかありません。
私たちが管理している農地は、合わせてすでに10ヘクタール。
東条の杏栽培が始まってから300年以上。農家さんが大事に大事に守ってきた畑を、しっかりと受け継ぐ。
そして、あの美味しい杏や農産物たちを日本中に届け続けたい。未来の子どもたちにも食べ続けてもらいたい。

また、6次産業化は、農業を地域ビジネスや産業として成功させる取組みとして重要なテーマです。
農業生産から、食品加工・製造・流通・販売までを総合的に連携させ展開するため、私たちは需要者と生産者の橋渡し役をいたします。
生産からマーケティング、需要家とのコラボレーションなどの活動を生産者目線で考える6次産業化プランナーとして支援していきます。

杏っ子の里ハーモアグリは、東条地域にいる沢山の仲間に囲まれて、常に成長を続けています。

生産品ご案内

  • TOP
  • 活動ご紹介
  • 営業品目
  • 周辺ご案内
  • 東条地区の四季
  • 組織ご紹介
  • お問い合せ