里山復活プロジェクト

「農業に興味があるので短期間だけ手伝ってみたい」。
そんな方大歓迎。

農業体験

この手で育てる喜びを。農業に学歴や資格は必要ありません。

私たち日本人は、はるか昔から農耕民族として生活をしてきました。
主食である米にはじまり、野菜や果物、花木などたくさんの農作物を育てる高い技術を持っています。
しかし今、日本で農業を仕事にする人の数が年々減り続けています。
1990年には297万戸だった販売農家の数が、2012年には150万戸にまで減りました。
およそ半数近くにまでも減少しているのです。
また、今はまだ農業を続けている世帯の多くが、高齢化しており後継ぎがいないことも大きな問題です。
農業の収入の不安定さや都市部への人口の流出が原因で、農業離れが進んだと言われています。

しかし農業は、今の世の中に必要とされている職業であり、まだまだ可能性に満ちている職業です。
農業に学歴や資格は必要ありませんので、「農業をやりたい」という気持ちさえあれば、
どんな人でもなれるチャンスはあります。
ただし農作物はデリケート。土や肥料に関する知識と技術が必要となるため、
素人がいきなり挑戦して成功できるほど簡単ではありません。

近年では、「食」の安全への意識の高まりや田舎暮らしの人気とともに、
若い人のなかにも農業に興味を持つ人が増え始めています。
「自然とともに生活をする喜びを感じながら暮らしたい」
「自然のなかで汗を流して思いきり働いてみたい」
「安心安全な食物を自分の手で育ててみたい」
などの希望をもって、サラリーマンから農家への転職を志す方もいるようです。

「農業をしてみたいけど、実践経験がないので不安」
「農業に興味があるので短期間だけ手伝ってみたい」という方、
「就業体験としての農業」を経験したいという学生さん…。

そんな方々を私たちは大歓迎いたします。
農業体験をご希望の方は、お気軽にお問い合せください。

時期により作業内容は異なります。


  • 杏の摘果作業

  • キノコ菌打ち

  • 野菜苗植え

  • 野菜の収穫

  • 果樹の収穫

  • 畑の整地

  • 草刈り

  • 農機具の整理

農業の1日(一例)

農業は屋外での作業が中心になるため、日照時間に合わせた労働スタイルです。
朝早くから起きてきて日が昇る時間には作業を始め、日が沈む夕方頃には作業を終えるようにしています。
一日の流れを「野菜の収穫」を例に見てみると、以下のようになります。

6:00 起床
7:00〜8:00 朝食
8:00〜12:00 農作業(収穫)
12:00〜13:00 昼食休憩(昼寝をすることも)
13:00〜15:30 農作業(出荷の準備)
15:30〜16:00 小休憩(お茶・おやつなど)
16:00〜18:00 農作業を終了
18:30〜 夕食

一日の作業の内容は、時期によって大きく異なります。
土づくりをする時期であれば畑に肥料をまきますし、植えつけの時期には苗を植えます。
収穫の時期には一日中収穫をして出荷の準備をします。
農作物の種類によっては、一年中通して出荷できるものもあれば、
短期間で一気に収穫して出荷してしまわなければ売り物にならないようなものもあります。
6月・7月はいろいろな農産物の収穫が重なるため非常に忙しく、
朝から晩まで出荷作業に追われることもあります。

農作業は屋外での作業が多いため疲労も大きく、特に暑い夏場や寒い冬場はとても大変な作業になります。
こまめに休憩を取って食事や水分・塩分を補給をしながら働くことが大切です。
午前中働いて昼食休憩を取り、午後働いておやつ休憩を取り、夕方まで働いたらようやく作業終了です。
休憩所が畑のすぐ近くにあり、休憩のたびに自宅に戻るということも珍しくありません。

「農業体験」をご希望の方は、お気軽にお問い合せください。

又、宿泊が出来る「稀人の宿」を利用ご希望の方は、お気軽にお問い合せください。

里山復活プロジェクト

  • TOP
  • 活動ご紹介
  • 営業品目
  • 周辺ご案内
  • 東条地区の四季
  • 組織ご紹介
  • お問い合せ