里山復活プロジェクト

東条地域の「里山再生」は石積みなくして語れません。

石垣の復旧

途方もない石積みとの戦い。

とにかくこの地域は石がゴロゴロ出てきます。
昔から、この地域では、「土地の境界線」「土地の補強」などに石積みが利用されてきました。
農業が生活の中心の時代には定期的に手入れがなされていましたが、
主に高度経済成長期以降、産業構造が変化したことや、
住民が高齢化し、地域の担い手が流出・減少していることなど、
地域を取り巻く環境の変化を受けて東条の山間地域の景観は急激に変容してしまいました。
放棄された耕作地の土手、住人のいない民家の石垣、倒壊してしまった文化物周辺の石積み…。
とにかく、途方もない石積みとの戦いです。

各地でこんなに荒廃が進んでいます。


  • 長きにわたり風雪に耐える畑の石垣。

  • すでに崩壊している畑の土手。

  • 民家の裏もこんな感じに。

  • 文化物周辺の石積みも、人の手が入らないと崩れてしまいます。

  • 放棄された耕作地はさらにひどい状態です。

  • 土地の境界すらわかりません。

石積み作業にはこんな道具や機械が活躍しています。


  • 三脚・チェーンブロック

  • 0.25m3 大型バックホー

  • 3.5t 中型バックホー

石積み活動の一部をご紹介します。

清滝観音堂にいたる参道もこんな状態でした。
左脇は金毘羅宮、正面は「風神雷神門」です。

こんなにきれいになりました。

「参道脇の石積み奮闘記」をご覧頂けます。

民家脇の石垣も崩壊が始まっていました。

石積み完了。

「民家の石積み奮闘記」をご覧頂けます。

まだまだ一部ですが、復旧できた工事を紹介します。

湧水によるぬかるみに長年悩まされていました。

地下浸透の排水路を施しました。

石灯籠も笠部分が落ちていました。

修復終了。

崩壊寸前の石垣

修復終了。

かつては耕作地だったようです。

棚畑ができました。

崩壊寸前の石垣

修復終了。

石積みの技術は、一般家庭の修復にも活躍しています。


  • 庭の石積み。

  • 石垣の修復。

  • 民家の軒下の排水工事。

里山復活プロジェクト

  • TOP
  • 活動ご紹介
  • 営業品目
  • 周辺ご案内
  • 東条地区の四季
  • 組織ご紹介
  • お問い合せ